スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよならEdy

Edyは日本の電子マネーの先駆けとして2001年に実用サービスが開始された。

それからANAマイルとの互換性の良さで

どんどん対応店舗を増やしANAマイラーとしては

なくてはならない電子マネーとなった。


しかしクレジットでEdyをチャージし

その支払いをコンビニでEdyで払いマイルだけ貯めるといったような

裏技的な手法がマイラーの中で横行したり


不況の影響もあってかクレジットカードからのチャージで

マイルが付与されなくなってしまった。


2009年にANA elioカードが終了してから

ANAマイラーにとってはいかなるケースでも

マイルの還元率は

クレジットカード払い > クレジットチャージ+Edy払い

となってしまい。


Edyの有用性はほとんどなくなってしまった。


最後の砦として残っていた

JAL DCカードからのクレジットチャージでのJALマイルの付与も

今月締め分の支払いで終了するため

マイラーとしてEdyを使用する機会は

ほぼ消滅してしまったことになる。


ありがとうEdy

いままでとってもお世話になりました。

Edyが使えるお店だとわかれば

はりきって無駄使いするくらいテンションが上がりました。


またサービスが戻って

マイラー的使用価値が上がる事を

心待ちにしています。

logo.gif


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いつの間にblog変えられていたんですね。
Edyにそんな裏技チャージ&支払いがあるなんて知りませんでした。
僕はJCBの言うがままにQuickPayを多用しています。普通にカード払いって事でした。数百円でもマイルになる、、ってのくらいしか魅力がないですが、チリも積もれば山になるかと思っています。
ちなみに今年の東医体は人生で初めてマイルで飛行機に乗ります。予約でミスが無い様に気をつけたいと思ってます。

No title

そうなんです。潰れたんですびっくりしました。
リンクありがとう。こちらも元通りはらせてもらいました。

ANAマイルに対するコメントなので熱く語らせていただきます(笑)

Quickpayなどのポストペイ式電子マネーは
端数の切り捨てがないためプリペイドの電子マネーより優れています。(99円などの支払いでも1ヶ月分の総額で払うので切り捨てが少ない)

注意が必要なのは、ANAマイル提携店でマイルが2倍貯まるのはカードで支払ったときのみと言う点です。くれぐれもENEOSでの支払いではQuickpayではなくカードを使用してください。

なお学生はカードの年会費が無料なので
JALもANAも両方作る事をおすすめします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。