スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の日の贈り物

■1905年5月9日に亡くなったミセス・ジャービス(Ann Marie Reeves Jarvis)を追悼しようと
ウェストバージニア州に住む娘のアンナ・ジャービス(Anna Maria Reeves Jarvis)が
フィラデルフィアの教会で母の好きだった白いカーネーションを配る。
その後も、母に感謝する日を祝日にする普及運動を続ける。
■1908年
百貨店王ジョン・ワナメーカー(John Wanamaker)が店頭で母の日記念会を開催し、注目を集める。
■1910年
ウエストバージニア州が「母の日」を祝日として認定する。
■1914年
当時のアメリカ大統領・ウィルソンが、5月の第2日曜日を「母の日」と制定し、国民の祝日とする。(All Aboutより)



そうだったんですね。

由来がわかって少し賢くなりました。


ということは感謝の気持ちがあれば贈り物はなんでもいいのでしょう。

母の日が近づくとコンビニで母の日フェアをやるので

思い出させてもらいます。


今年も母の日の贈り物はカーネーションです。

去年も、一昨年もカーネーションです。


父の日は忘れがちなので

忘れないように同時にさつま揚げを送る事としました。

理由は美味しそうだったからです。


ちなみに父の日の由来と

アメリカ人は日曜が祝日でもテンションが下がらないのか

ということが今度は気になりますね。


答えがわかった人は是非教えてください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。